つらい夜泣きの対策法

赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる

夜泣き改善策で最初に心がけることは、乳児の心を落ち着かせることです。

 

どんな育児関係の本にも、このことは同じような内容が記してあります。

 

赤ちゃんが夜泣きをしている間はただ泣いていて、母親があやしても全く聞いていないように感じることもありますが、本当はそうではないのです。

 

毎晩夜中に起こされる立場では怒ってしまいたくもなりますが、そこをグッと我慢して赤ちゃんを穏やかになだめるようにしましょう。

 

夜泣きの最中に、泣いている子を寝かせようとして泣きやませようと抱いたりしない母親がいるそうです。

 

赤ちゃんにとってお母さんに抱っこされることは大好きですし、その母の腕に包まれているのが最も安心することのできる場所なのです。

 

お母さんの腕の中で揺れているだけで、自然に夜泣きがとまる子も多いはずです。

 

そこで、布団の上に寝かせると再び泣いてしまう子もいます。

 

夜泣きの難点はそこなのですが、夜泣き解消には子どもの心が安心していることが特効薬のようです。

 

さらに、ミルクをはじめ白湯やお茶を飲ませてあげると、お腹がいっぱいになって、しっかり寝てくれるようになります。

 

トントンと調子よくたたいてあげることで赤ちゃんが快適さを感じたり、直接肌をさすってあげたりするのも夜泣きの改善策として効果的と言われています。

 

それぞれの乳児によって快適だと思うリズムや場所が違いますので、お昼寝タイムなどに注意深く見ておきましょう。

 

背中やおしりの部分などを、ママの心音と同じ速さで触れるようにたたくのが心地よいようです。

 

優しい声の子守唄も効果があるので、ゆるやかな調子で歌い続けてあげると有効的です。

 

乳幼児が逆に気になってしまう歌は選ばず、心地よいと感じるように歌いましょう。

 

 


赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる記事一覧

一度眠りから覚まさせよう

懸命に泣くのを止めようと思って、落ち着いて観察できる状態ではないママさん達が随分と多いようなのです。夜泣き対策の中に、穏やかで静かに話しかけながら機嫌を取るといった手段を用います。しかしながら、大声で赤ちゃんが泣いている場合は、大抵は伝わっていないなと思いがちです。実は、それが現実だとは理解できない...

≫続きを読む

適度に運動をさせよう

いつもなら夜泣きするはずの乳児が、その日だけ泣かずに熟睡してくれることもあります。そういった時には、昼間やった活動を思い起こしてみてください。普段とは異なる生活をしていて、そうしたことが夜泣きの鎮静に至った可能性が大いにあります。運動不足が夜泣きの理由だったと考える人もいます。まだ体力的に余裕があり...

≫続きを読む

外気に触れさせてみよう

何気ないことで夜泣きをしなくなることがあります。夜泣き解消法として泣いている赤ちゃんを思い切って外へと連れ出してしまうというのも悪くありません。自宅でいろんなことをして泣かないようにとなだめたにも関わらず、一瞬外へ出て外気に触れただけでピタリと泣き止んだということは今までにありませんか。近所迷惑にな...

≫続きを読む

起こしてしまうのも一つの手です

毎晩睡眠を邪魔されたら、本当に疲れてしまいます。夜泣きに効果的と言われる手段は多々存在しますが、色々やってみたところで効いたかどうかわからない子どももいます。それならば、夜泣きを完全に解消しようとせず、しっかりを起き上がらせましょう。赤ん坊が泣いていたらちょっとの間だけでも起こすようにして再度入眠さ...

≫続きを読む

幼児期の夜泣きの原因

普通、夜泣きは1歳を半年くらい過ぎると徐々に収束していくようですが、幼児期になっても夜泣きが克服されない赤ちゃんもいるようです。泣くのが毎晩だと、お父さん、お母さんも気が滅入るというものです。夜泣きが幼児期に入っても終わらない場合は、理由が小さいころとは変わってきたのかもしれません。眠りにつく時間が...

≫続きを読む