つらい夜泣きの対策法

一度眠りから覚まさせよう

懸命に泣くのを止めようと思って、落ち着いて観察できる状態ではないママさん達が随分と多いようなのです。

 

夜泣き対策の中に、穏やかで静かに話しかけながら機嫌を取るといった手段を用います。

 

しかしながら、大声で赤ちゃんが泣いている場合は、大抵は伝わっていないなと思いがちです。

 

実は、それが現実だとは理解できない光景なので、赤ちゃんには聞こえていないと思われています。

 

それならば、いっそのこと乳児を眠りから覚ましてみましょう。

 

ハッと我に返った表情になり、泣いていたのにピタリと止めるといったことが多く見かけられます。

 

赤ちゃん本人も、どうしてなのか把握せず泣き出すケースがほとんどです。

 

意識がはっきりすると落ち着いて、それからすぐに寝てしまうことも度々あることなのです。

 

起こしてから再び睡眠に入る時は、赤ちゃんが落ち着く音を聞かせてあげると朝までぐっすり寝てくれることが多いと言われています。

 

子どもが安心する音は、お母さんの心臓の音だったり子守唄だったり、その子によってさまざまです。

 

いつも子どもの態度をチェックしましょう。

 

赤ちゃんの好きな音楽を聞かせることも自身に響いているように見えますが、テンポが良すぎてしまう曲はマイナス効果を与えます。

 

安堵感を与えるようなオルゴールの音など夜泣きには効果的という口コミもあるのです。

 

TVで良く取り上げられる変り種で、スーパーのレジ袋を丸めるときに出るクシャクシャとした騒音も反応がありそうです。