つらい夜泣きの対策法

適度に運動をさせよう

いつもなら夜泣きするはずの乳児が、その日だけ泣かずに熟睡してくれることもあります。

 

そういった時には、昼間やった活動を思い起こしてみてください。

 

普段とは異なる生活をしていて、そうしたことが夜泣きの鎮静に至った可能性が大いにあります。

 

運動不足が夜泣きの理由だったと考える人もいます。

 

まだ体力的に余裕があり過ぎると熟睡できません。

 

目一杯運動させるには、昼間はなるべく外へ出かけて遊ぶようにするといいでしょう。

 

1つ気をつける点は、体力を使い果たすまで遊ばせないことです。

 

大人にもあることですが、あまりに疲れてしまうと良い眠りにはなりません。

 

日中の運動量をその子に合わせて増やしてみると、夜泣きが少なくなるようです。

 

遠くに連れて行くなどのイベントを計画することはなく、お散歩に出たり買い物に連れて行く程度でも有効といえます。

 

興奮させるのもほどほどに、あまり体を使いすぎないように気を配りつつ運動できればベストです。

 

活動時間中にあまりにも神経が高ぶると眠りが浅い時間帯に脳内で思い出してしまい、夜泣きを引き起こすと言う説があります。

 

また、疲れすぎてお昼寝を十分にしてしまうと、元気になってしまって夜になってもうまく熟睡できないケースもあります。

 

しっかりとした安眠のためにも、赤ちゃんの毎日の生活を調整してあげるとよいでしょう。

 

快適な行動の仕方は乳幼児によって異なるので、一人一人に合った運動量を心がけましょう。

 

ぐっすり寝ているからと言って、昼寝の時間が長引くと昼夜逆転してしまいます。

 

ほどよい時間で目覚めを促すなどの対策は不可欠です。