つらい夜泣きの対策法

起こしてしまうのも一つの手です

毎晩睡眠を邪魔されたら、本当に疲れてしまいます。

 

夜泣きに効果的と言われる手段は多々存在しますが、色々やってみたところで効いたかどうかわからない子どももいます。

 

それならば、夜泣きを完全に解消しようとせず、しっかりを起き上がらせましょう。

 

赤ん坊が泣いていたらちょっとの間だけでも起こすようにして再度入眠させようというのではありません。

 

それをやることで寝付いてくれたら嬉しいのですが、そううまくはいきません。

 

こういう時は、もう一度眠らせるのではなく、電気もつけて起きる状況にさせてしまいます。

 

夜泣きをする乳幼児は、眠たいけれどなかなか眠れずに機嫌が悪くなることから始まります。

 

ぐずつきながら不快になると泣き出してしまい、もうろうとした意識の中で泣いているというような症状になるのです。

 

どんなにあやしても泣き続けるのなら無理に眠らせるのではなく、いっそ目を覚ませて自然に眠るように導きましょう。

 

そういった手段が、早寝の早道かもしれません。

 

子どもが夜泣きをしているときの心理状態は良好とは言えません。

 

1回は正気に戻してあげて大好きなテレビ番組などを見せてあげるのも手です。

 

いつも起きているときにやっているように活動するのも有効な手段だと思われます。

 

昼間のように何時間も遊び続けたり、テレビを見て興奮することは無理でしょう。

 

それなりに気持ちが静まれば赤ん坊も、自然と眠気が来るはずなのでその時に電気を消して寝てみましょう。

 

親にとって大変だと思われている夜泣きですが、泣いている本人にとっても大変な思いをしています。

 

放置して泣き疲れるのをじっとしているという方法は最悪です。