つらい夜泣きの対策法

ゆったりとした気持ちで構えよう

理由が判明せず連続的に泣いているというのが夜泣きですから、そこから脱出するには相当なパワーがいるはずです。

 

毎夜不機嫌な状態で夜泣きを止めようとするより、泣く事を受け入れて過ごし方を工夫してみるといいかもしれません。

 

子育てに要する時間は長くても、今の夜泣きで悩むのはったの1年です。

 

夜泣きが大きな苦痛を感じるのは、その乳幼児の面倒を見る仕事がママだけに一手に任されてしまうからです。

 

毎晩一人で苦労している褒めてあげたいお母さんは多いはず。

 

ご主人の協力体制が整っていれば、無理なく出来るようになるのでしょうが、理想と現実には大きな差があるようです。

 

母親一人が毎晩夜泣きに善処するためには、たくさんのエネルギーが必要となります。

 

積極的なお手伝いがお父様から得られなくても、なかなか夜泣きが止まらなくても険悪な態度で接するのはやめた方がよいでしょう。

 

父親が不機嫌になるだけで、頑張っている奥さんは不安を増長させてしまうだけなのです。

 

絶対夜泣きは終わりが来ますから、その期間はお互いを労わりあってしのぐようにしましょう。

 

会社がお休みの日以外は無理なことが多いですが、休みの日にはお母さんを喜ばせてあげてはいかがでしょう。

 

その小さな優しさが心身ともに解放されることが多いのです。

 

感謝の言葉を伝えるだけでも、今までの疲れを忘れることも出来ます。

 

直接的な要因はつかめない中、夜泣きに対しては、泣くのをやめるためにはどうすればいいかも分からない中、見つけなければなりません。

 

短絡的に夜泣きに対して考えるのではなく、ゆったりと構えて相手をしようと考え方を変えてみると見方も変わります。

 

これはと感じることを試しながら、成果が認められなくても凹まずに今しかない可愛い赤ちゃんの子育てを楽しんでみましょう。

 

 


ゆったりとした気持ちで構えよう記事一覧

病気を見過ごさないように注意しよう

毎日夜泣きが繰り返されていると、夜泣きで泣いているのか、他の病気によるものか判断がつかず、病院に行くタイミングが遅くなってしまう場合があります。いきなりひどく泣くなど、泣き方の違いのサインを見過ごすことのないようにしましょう。具体的にいいますと、湿疹をはじめとする肌疾患が見られませんか。赤ちゃんの皮...

≫続きを読む