つらい夜泣きの対策法

病気を見過ごさないように注意しよう

毎日夜泣きが繰り返されていると、夜泣きで泣いているのか、他の病気によるものか判断がつかず、病院に行くタイミングが遅くなってしまう場合があります。

 

いきなりひどく泣くなど、泣き方の違いのサインを見過ごすことのないようにしましょう。

 

具体的にいいますと、湿疹をはじめとする肌疾患が見られませんか。

 

赤ちゃんの皮膚にアトピーの症状がないか気にしていても、意外にオムツかぶれは気にしない人もいるようです。

 

オムツによる肌のかぶれは、赤ちゃんにしてみれば熟睡できないくらいの不快な気分になってしまうものです。

 

なるべく早く治してあげましょう。

 

もしも、高熱があって体がだるかったり、激痛を伴う中耳炎などでは泣いて苦痛を訴えます。

 

中でも急性中耳炎は、痛みが強い方の耳を気にして何度も触るので比較的分かりやすいと思います。

 

鼠径ヘルニアも小さな子どもによくある症状のうちの一つです。

 

鼠径ヘルニアというものは、鼠径部といわれる部位に腸の一部が逸脱してしまう病気で、最初のうちは痛みはありません。

 

気をつけて太ももの付け根をチェックすると、やわらかく腫れているのが見て取れます。

 

この鼠径ヘルニアで注意しておきたいことは、「かんとん」という状況になってしまったときです。

 

これは、飛び出した腸が元に戻らなくなった状態を言い、うずきや呼吸困難などの苦痛を感じるようになります。

 

そのままにしておけば腹膜炎を伴う大変な状態ですから、赤ちゃんに鼠径ヘルニアがあり夜泣きをする子は特に鼠径部を注意してみましょう。

 

夜泣きをする年齢層によく見かけるのが、腸重積症という急いで治療を受けることが重要となる病気です。

 

産後4ヶ月から1年の間の子どもがよく起こすもので、発作が起きると顔面が真っ青になるほどの痛みを繰り返すのが特徴です。

 

毎晩の夜泣きと違うと感じたら、躊躇せずに医師の診断を仰ぎましょう。